ピアッサーで自分で穴を開ける

今まで、怖くて毎回病院でピアスをあけていたのですが、なんとなく自分でやってみようと思い、ピアッサーを買ってきて自分であけてみました。
病院で空けるよりも痛くないし、1000円でピアスがいつでもあけられるのはお得です。

それに、最近はなんとなく「あけようかな」とふと思い立った時点でピアッサーを買いに行って、なんとなく思い立ったときにあけています。
今、両耳に2こずつ開いていますが、まだまだ増やしていく予定です。
そして、こうやってピアスの穴が増えていくと、問題なのは、どんなピアスをつけるか?ということです。
小さいピアスをそのままつけていても面白くないし・・・と思っていたところで、とても面白い付け方を見つけました。

その付け方とは、両耳に同じ形をじゃらじゃらとつけるやり方です。
ピアスだけに、THE PIASSという昔のビジュアル系バンドのボーカルさんが、このような付け方をしていました。
両耳にじゃらじゃらと垂れ下がったピアスの数々は、まるでどこかの民族のアクセサリーのようで、めちゃくちゃかっこいい!
耳にこれだけつけていたら重くないかな?と思いましたが、できるだけ軽いピアス、特に羽モチーフのピアスは軽いのでじゃらじゃらつけるのに向いています。

羽根のピアスをじゃらじゃらつけると、耳がかなり豪華になって気分も高揚します。
ただ、耳が物凄く派手になるので、自分自身がピアスに負けないようにもっと綺麗にならないといけないなと思っています。

«
»