ピアスはお守り的な要素が大きい

指輪と言って一番先にイメージするものは、やはり左手の薬指でしょうか。
私も結婚していた頃は、肌身離さずずっとはめていました。
結婚している、というサインでもあったように感じます。
離婚して独り身となった今は、指の意味を考えながらはめます。
たとえば能力や直感を磨く、指導力の発揮など、そういった指にはめることが多くなりました。
ピアスは自己表現方法として強い意味を持つアクセサリーだと思います。
まず、穴をあける。
体に傷とつけるということであり、それだけの強い思いを込めることができるのがピアスだと思っています。
私は両耳たぶに1つずつ、右耳の軟骨に1つあけています。
特にこの軟骨部分に関しては、ずっとはずしたくないお守りとなるピアスをつけます。
今年は誕生石のピアスを軟骨部分に。
私の体内を貫通して、いいパワーを受け取り悪いパワーを吐き出してくれると信じています。

指輪でよくあることが、はずれないということですね。
太ってしまい、食い込んでいる状態。
それだけならまだしも、血が通わなくなり壊死してしまっては大変です。
指輪を切断するだの大騒ぎになることも多々あり、テレビ番組の裏技では指輪のはずし方が必ずと言っていいほど出てきます。
私は石鹸をつけて滑らすこと、指にロープを巻いて徐々に押し出すことくらいしか覚えていませんが、きっと他にも方法があったと思います。
ピアスあるあるですが、穴が完璧にあききらないうちにファーストピアスをはずすと閉じてしまう。
これは当然ですよね、人間の自己治癒力のなせる技です。
個人的にへそにピアスを開けたいと昔から思っています。
しかし、妊娠中に思ったんです。
すごく引き伸ばされて、出べそになっている大きいお腹を見て。
今へそピしてたら、絶対にお腹が裂けていたなぁと。

顧客急増チタンピアス専門店
特製ピアスケースがなにげに人気なチタンピアス専門店。購入者全員ヘプレゼントの企画も続行中。
www.nadeshiko-st.com/
ピアスはステキ!

«