小学生のころからピアス

私は小学生の頃にピアス穴を初めてあけ、左耳のみ耳朶に二つ・軟骨に一つピアス穴があいていました。
どれも自分で安全ピンであけたので、ピアッサー等のように一瞬で終わらず痛い思いをした記憶があります。
当時は子供の頃からピアスをつけている子は殆ど居らず、痛くないの?と聞かれるのと同時によく羨ましがられましたが、ピアス穴が落ち着くまでは毎日消毒したり穴の掃除をしたりするので子供心にかなり面倒でした。
これは最早性格なのかもしれませんが、現在はピアスをいちいち付け外しするのも面倒であまりつけなくなってしまいました。
なので小学生時代に空けた穴以外は塞がってしまいました。
特に軟骨は骨だけあって耳朶以上に穴が塞がるのが早かったように感じます。

体験談にも書いたように、ピアスと穴をあけるものの消毒さえちゃんとすれば、わざわざ耳鼻科へ足を運んだりピアッサーのような専用の道具を使わなくてもピアス穴はあけられるということです。
逆に言えば、どの方法でも付けるピアスをケチって体質に合わない安いものを使ったり、毎日の消毒を疎かにしたりすれば化膿もするしアレルギーも出てしまいます。
ピアス穴は傷口なので、穴として定着するまでのケアは怠らないに越したことはないです。
つけるピアスも、金属アレルギーなら樹脂製か18金のものを選ぶとか。
これは主観ですが、今はイヤリングよりピアスの方が品揃えが多いし安い印象があるので、若年層にはイヤリングよりもピアスが主流だと思います。

«
»